原発事故関連教材紹介

2011年3月11日の福島第一原発の事故以来、われわれは否応なく放射線と向き合いながら生活していくことになりました。このページは、公益社団法人福島原発行動隊の活動の一環として、原発事故や放射線、放射性物質について説明した書籍、PDFなどの教材、資料を集めたものです。記述の難易度や内容について一定の評価を行いました。評価の記述は、あくまでそれぞれの執筆者個人によるものであり、目安にすぎませんが、教材などとして利用される際の参考として、ご活用ください。
このページを印刷する
除染技術カタログ



内容の程度専門的やや専門的一般向け中学生小学生
    
図版類の使用程度
(写真・イラスト・表)
図版主体図・文半々文章主体
  

内容項目  \  評価非常に詳しい詳しい一応の説明少しなし
原子力発電の事故
原子力発電のしくみ
原子力発電と社会・経済・環境
放射性廃棄物の処理
放射線と放射性物質
放射線の人体への影響
放射線の利用
放射線の測定方法
放射線から身を守る
除染について

【発行形態】Web掲載pdfファイル
【タイトル】除染技術カタログ
【編者】内閣府原子力被災者生活支援チーム
【発行所】内閣府原子力被災者生活支援チーム
【発行年月日】2011年11月22日
【価格(税抜き)】無料
【本文刷色、ページ数】カラー4色、51p
【URL】http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/20111122nisa.pdf

内容説明
 除染を行う際に必要な装備、機器を含む技術についてまとめたもの。
●文書の説明部分より
 福島原発事故後の2011年8月26日に「除染に関する緊急実施基本方針」が定められ、各地で除染についてのモデル事業が行われたが、そうした取り組みから得られた知見をもとに、除染を行っていくうえで有効と思われる技術について取りまとめたもの。国、自治体だけでなく、市民が自発的に除染を行う場合に活用できるよう、わかりやすさにも配慮したとしている。

目次内容
1.除染技術カタログの活用にあたっての留意事項
2.各除染対象に関する技術
A.家屋(その他の建築物)・庭
 A-1:屋根,屋上等の清掃,拭き取り,ブラシ洗浄
 A-2:屋根,屋上等の放水(高圧)洗浄
 A-3:雨樋・側溝等の清掃,洗浄
 A-4:壁の削り取り,屋根の撤去・葺き替え
 A-5:庭等(狭い土地)における表土等の除去
B.道路
 B-1:道路(舗装面)の清掃,洗浄
 B-2:道脇や側溝の除染
 B-3:舗装面の剥ぎ取り
 B-4:未舗装の道路,のり面の土面における表土除去,客土
C.学校・保育所・公園など
 C-1:広い土地における表土除去(主に重機使用)
 C-2:芝地の除染
 C-3:土地表面の被覆(上下層の土の入替,芝等の被覆)
 C-4:拭き取り,剥ぎ取り(金属面)
 C-5:拭き取り,剥ぎ取り(木面)
 C-6:砂場の除染
 C-7:プールの除染(吸着剤を用いた水中の放射性物質の除去)
D.街路樹など生活圏の樹木
 D-1:街路樹,公園,庭などの生活圏の樹木の除染
E. 森林(住居などから近隣の部分)
 E-1:住居などの近隣の森林の除染
F.農地
 F-1:農地の表土削り取り
 F-2:農地の芝,牧草の剥ぎ取り
 F-3:反転耕(土層の天地返し)
 F-4:水田の土壌撹拌(代かき),除去
G. 除去物の減容化を可能とする技術
(内藤忍)