原発事故関連教材紹介

2011年3月11日の福島第一原発の事故以来、われわれは否応なく放射線と向き合いながら生活していくことになりました。このページは、公益社団法人福島原発行動隊の活動の一環として、原発事故や放射線、放射性物質について説明した書籍、PDFなどの教材、資料を集めたものです。記述の難易度や内容について一定の評価を行いました。評価の記述は、あくまでそれぞれの執筆者個人によるものであり、目安にすぎませんが、教材などとして利用される際の参考として、ご活用ください。
このページを印刷する
放射線と被ばくの問題を考えるための副読本〜“減思力(げんしりょく)”を防ぎ、判断力・批判力を育(はぐく)むために〜改訂版



内容の程度専門的やや専門的一般向け中学生小学生
    
図版類の使用程度
(写真・イラスト・表)
図版主体図・文半々文章主体
  

内容項目  \  評価非常に詳しい詳しい一応の説明少しなし
原子力発電の事故
原子力発電のしくみ
原子力発電と社会・経済・環境
放射性廃棄物の処理
放射線と放射性物質
放射線の人体への影響
放射線の利用
放射線の測定方法
放射線から身を守る
除染について

【発行形態】Web掲載pdfファイル
【タイトル】放射線と被ばくの問題を考えるための副読本〜“減思力(げんしりょく)”を防ぎ、判断力・批判力を育(はぐく)むために〜改訂版
【監修】福島大学 放射線読本研究会
【発行所】福島大学 環境計画研究室
【発行年月日】2012年6月
【価格(税抜き】無料
【本文刷色、ページ数】カラー4色、26p
【URL】https://www.ad.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a067/

内容説明
 原発事故、放射線について学ぼうと考えている人には、ぜひ一読してほしい資料といえる。内容は文部科学省が公開している小・中・高校生向けの放射線副読本の内容があまりにも推進側に偏っているとして、その内容を批判的に検討し、どんな内容が足りないか、データを補完するねらいで作られた資料。例えば、文部科学省副読本では、「身近な放射線」といったように、あたかも放射線が身近にあってもかまわないかのような記述がされているが、ことに原発で発生するような「人工放射線」は身近にあるべきものではなく、「人工的な放射線は、身近にあるべきではなく、管理されるべき対象です」「無用な放射線は、浴びないに越したことはありません」と、放射線のもつ危険性に注目すべきである点などを強調している。また、政府や電力業界等の広報資料などで、「放射線よりもたばこや自動車の交通事故のほうが危険性が高い」といった説明が行われることがあるが、こうした説明のしかたについても、「リスク管理において、たばこなどは個人で吸う吸わないを決めることができるなど、個人でのリスク管理が可能だが、放射線の場合はそれが不可能で、そうした個人で管理が可能でないものを同列に論じるには無理がある」といった趣旨の指摘も行われている。

目次内容
副読本の編集方針について
副読本のポイント
東京電力福島第一原子力発電所の事故
放射線について
放射線による人体への影響
法律等による放射性物質や放射線の管理
事故の教訓から、いかに学ぶか
事故による放射性物質拡散への対応上の留意点
判断力・批判力を育むために
不確実な問題に関する社会的意思決定のために
放射線と被ばくの問題を考える際のヒント
(内藤忍)