原発事故関連教材紹介

2011年3月11日の福島第一原発の事故以来、われわれは否応なく放射線と向き合いながら生活していくことになりました。このページは、公益社団法人福島原発行動隊の活動の一環として、原発事故や放射線、放射性物質について説明した書籍、PDFなどの教材、資料を集めたものです。記述の難易度や内容について一定の評価を行いました。評価の記述は、あくまでそれぞれの執筆者個人によるものであり、目安にすぎませんが、教材などとして利用される際の参考として、ご活用ください。
このページを印刷する
廃棄物関係ガイドライン



内容の程度専門的やや専門的一般向け中学生小学生
    
図版類の使用程度
(写真・イラスト・表)
図版主体図・文半々文章主体
  

内容項目  \  評価非常に詳しい詳しい一応の説明少しなし
原子力発電の事故
原子力発電のしくみ
原子力発電と社会・経済・環境
放射性廃棄物の処理
放射線と放射性物質
放射線の人体への影響
放射線の利用
放射線の測定方法
放射線から身を守る
除染について

【発行形態】Web掲載pdfファイル
【タイトル】廃棄物関係ガイドライン(事故由来放射性物質により汚染された廃物の処理に関するガイドライン)
【編者】環境省
【発行所】環境省
【発行年月日】2011年12月27日
【価格】無料
【本文刷色、ページ数】
【URL】http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14643
 はじめに [PDF 288KB]
 第一部 汚染状況調査方法ガイドライン [PDF 985KB]
 第二部 特定一般廃棄物・特定産業廃棄物関係ガイドライン [PDF 1,316KB]
 第三部 指定廃棄物関係ガイドライン [PDF 2,183KB]
 第四部 除染廃棄物関係ガイドライン [PDF 1,061KB]
 第五部 放射能濃度等測定方法ガイドライン [PDF 1,256KB]

内容説明
平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法 に対応するものである
現行の廃棄物の処理体制,施設等を活用して事故由来放射性物質に汚染された廃棄物の処理を進めるための(特別措置法の要求する手続き,方法の)ガイドラインを説明している.
読む側としては,廃棄物の排出者,市町村などを含む廃棄物処理を行う者を想定している.
法律(特別措置法)に従うと事故由来放射性物質に汚染された廃棄物はどのように処理されることになっているかが分かる.

目次内容
ガイドラインは5部から構成されている
第一部 汚染状況調査方法ガイドライン
 廃棄物の汚染状況の調査方法
第二部 特定一般廃棄物・特定産業廃棄物関係ガイドライン
 特定一般廃棄物・特定産業廃棄物の収集運搬、中間処理、埋立処分方法
第三部 指定廃棄物関係ガイドライン
 指定廃棄物の現場保管、収集運搬方法
第四部 除染廃棄物関係ガイドライン
 除染廃棄物の現場保管方法
第五部 放射能濃度等測定方法ガイドライン
 排ガス、排水中の事故由来放射性物質の濃度等の測定方法
(伊藤邦夫)