【原発ウォッチャー】

福島第一原発を現在ウォッチしているグループとして福島第一原発Watcherがあります。

   

原発ウォッチャーの活動を今年3月をもって休止します。

2011年3月に福島第一原発事故が起きてから、東京電力のウェブサイトでは福島第一原発の状況に関する情報・データが公開されていきました。しかしその量が膨大であること、またその十分な理解には専門的な知識が必要であることから、これらの情報・データが一般的に十分活用されてきたとは言えません。

福島原発行動隊は、2011年秋、東京電力が公表している情報・データを中心に、マスメディアの報道も参考にしながら、福島第一原発の現状について深く分析する専門家チーム「原発ウォッチャー」を設けました。

それ以後、原発ウォッチャー・チームは毎月一度定期的に会議を開催し、東京電力の情報・データを分析して報告書にまとめ、行動隊のウェブサイトで公表してきました。

しかしながら、チーム・メンバーの世代交代が進まない中で、現在のメンバーもご自身やご家族の健康上の問題などで活動を継続することが年々難しくなってきました。こうした事情を踏まえ、今年3月をもって原発ウォッチャー・チームの活動を休止することを決定しました。

福島第一原発の事故収束事業が難航し、今後の展望もまた非常に不透明な中で原発ウォッチャーの活動を休止することは行動隊としても非常に残念ですがやむをえません。

これまで応援していただいた皆さまにはご期待に沿えなかったことをお詫びするとともに、以上の事情をご理解いただければ幸いです。

福島原発行動隊

 

(参考)これまでウォッチャー・チームが参照してきた情報ソースは以下の通りです。

1.東京電力

(1)廃炉・汚染水対策チーム会合 事務局会議

(2)汚染水処理対策委員会関係資料

(3)廃炉・汚染水対策現地調整会議関係資料

(4)プレスリリース関係(作業者の被ばく線量の評価状況について等を含む)

(5)報道配布資料

http://www.tepco.co.jp/decommision/news/handouts/index-j.html

2.原子力規制庁

http://www.nsr.go.jp/ 

(1)原子力規制委員会関係資料

http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/kisei/index.html 

(2)特定原子力施設監視・評価検討会関係

http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tokutei_kanshi/index.html 

3.経済産業省(1) 廃炉関係

(1)廃炉・汚染水対策福島評議会関係資料

(2)廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議

(3)廃炉・汚染水対策ニュースレター

(4)公募情報

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning.html

4.経済産業省(2)汚染水対策関係

  http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html 

(1) 廃炉・汚染水対策現地調整会議 汚染水処理対策委員会関係
(2) 汚染水処理対策委員会関係
(3) 陸側遮水壁タスクフォース関係
(4) 高性能多核種除去設備タスクフォース関係
(5) トリチウム水タスクフォース関係
(6) 地下水バイパス計画関係

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku.html

5.原子力損害賠償・廃炉等支援機構

 http://www.ndf.go.jp/ 

 6.福島県庁

(1)原子力安全対策課

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/

(2)廃炉安全監視協議会

http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/genan02/

7.その他の関連機関

1)国際原子力機関(IAEA

https://www.iaea.org/front

2)原子力安全技術センター

http://www.nustec.or.jp/

3)放射線影響協会

http://www.rea.or.jp/

4)日本原子力研究開発機構

http://www.jaea.go.jp/index.html

8.メディア

NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/top/

読売新聞

朝日新聞

毎日新聞

東京新聞

日本経済新聞

福島民報

 

 

 

 

なお、今月いっぱいで福島原発行動隊・原発ウォッチャーの活動を休止します。この報告書別紙も今号で最後となります。ご了承下さい。これまでのご利用ありがとうございました。

 

第 40 回院内集会を以下のとおり開催します。 ご多⽤のことと存じますが、ご都合をおつけになり奮ってご参加下さるようお願いいたします。

■日 時:2015年年3⽉26日(木曜日) 11:00~13:00

■会 場:参議院議員会館 地下1階 109 号室

■テーマ:福島第⼀原発の事故収束作業の経緯と今後について

<講演>福島第⼀原発事故のウォッチャー活動を通して見えたこととこれから

<講演者>⾼山和彦氏(公益社団法人 福島原発行動隊・原発ウォッチャー・チーム)

東京電⼒のサイトには、毎日膨⼤な量の資料やデータがアップされています。また、原⼦⼒規制委 員会、廃炉・汚染⽔対策チーム会合事務局会議など様々な政府関係機関が毎⽉多くの資料を公開して います。原発ウォッチャー・チームではこれらの資料を読み込み、分析し、さらにメディアの報道をも参考にしながら、福島第一原⼦力発電所の現状と収束作業の進⾏について詳しい報告書の作成等を 続けてきました。

諸般の事情で本活動は3⽉をもって休止しますが、今回はそうしたウォッチャー活動を発⾜以来、 中⼼的に担ってこられた⾼山和彦氏(元・原発設計者)にご講演いただき、その後に参加者で意⾒交 換したく思います。多くの⽅々のご参加をお待ちしています。

3月12日に開催した原発ウォッチャー会議のビデオを公開しました。

http://youtu.be/S8OZwlWQhNE

なお、ビデオでは書類の文字が読みにくくなっています。こちらの資料をご参照下さい。

http://svcf.jp/pdf/watcher/1502_npwatcher-report.pdf

 

月例報告書2015年2月分

 

 

月例報告書2015年1月分

2月12日に開催した原発ウォッチャー会議のビデオを公開しました。

http://youtu.be/H47atAn8ExU

なお、ビデオでは書類の文字が読みにくくなっています。こちらの資料をご参照下さい。

http://svcf.jp/pdf/watcher/1412_npwatcher-report.pdf

 

 

原発ウォッチャー会議のビデオをアップしました。

http://youtu.be/F0UnoZkItJU

月例報告書2014年12月分

月例報告書2014年11月分

12月11日に開催した原発ウォッチャー会議のビデオを公開しました。

 

以下の要領で原発ウォッチャー会議を開催します。どなたでも参加できます。奮ってご参加下さい。
なお、今回はいつもの水曜日ではなく、木曜日となりますのでご注意下さい。
日時:12月11日(木) 13:00-15:00
場所:赤坂いきいきプラザ(港区赤坂6丁目4番8号 電話:03-3583-1207。最寄り駅は地下鉄の赤坂駅、溜池山王駅です)
赤坂いきいきプラザ

11月12日(水)に開催した原発ウォッチャー会議です。どなたでも参加できます。次回は12月11日(木)に開催します。

画面はプロジェクタの映像だけですが、議論にご注目ください。報告書作成の舞台裏がよく分かります(とりわけ1:30:00以降のやりとり)。

http://youtu.be/tleC0MsKhJ4

月例報告書2014年10月分

10月8日(水)に開催された原発ウォッチャーチームのビデオです。

原発ウォッチャー月例報告書(2014年9月)を参照しながらご覧下さい。

月例報告書2014年9月分

大変遅れましたことをお詫びいたします。

 

月例報告書2014年8月分

月例報告書2014年7月分

月例報告書2014年6月分

月例報告書2014年4月分

月例報告書別紙2014年3月分

月例報告書2014年3月分

月例報告書別紙2014年2月分

月例報告書2014年2月分

月例報告書別紙2014年1月分

月例報告書2014年1月分

月例報告書別紙2013年12月分

月例報告書2013年12月分

月例報告書別紙2013年11月分

月例報告書2013年11月分

月例報告書別紙2013年10月分

月例報告書2013年10月分

福島原発行動隊の重要な活動の一つに原発ウォッチャーの活動があります。

東京電力のサイトには、毎日膨大な量の資料やデータがアップされています。また、原子力規制委員会、廃炉推進対策会議など様々な政府関係機関が毎月多くの資料を公開しています。原発ウォッチャー・チームではこれらの資料を読み込み、分析し、さらにメディアの報道をも参考にしながら、福島第一原子力発電所の現状と収束作業の進行について詳しい報告書を毎月作成しています。

しかし、最近になって汚染水漏洩問題などトラブルが頻発し、これにともなって政府や東電内にさまざまな委員会やワーキング・グループが次々に設立された結果、発表される資料・データも膨大なものに膨れ上がってきています。今や、原発ウォッチャー・チームの処理能力を超えつつあるのが実情です。

こうした状況を踏まえ、行動隊員、賛助会員のみなさまで以下のような部門でお手伝いいただける方にご協力ねがうことにしました。

1.技術関係のお仕事をなさってきた方々に新たに原発ウォッチャー・チームに参加していただく。

2.福島第一原発に関する主要メディア(朝日新聞、、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞、NHKなど)のニュース記事の選別・収集作業(クリッピング)をお手伝いいただく。この作業は技術関係のお仕事の経験がない方でも可能です。ニュース記事は基本的にウェブに公開されたものが対象です。ご自宅で作業いただけます。

ご協力いただける方は事務局までご連絡ください。

また、毎月一回開催されている原発ウォッチャーの会議の傍聴も歓迎いたします。次回は10月9日(水)13時から、滝野川事務所で開催します。

月例報告書2013年8月分

月例報告書別紙2013年8月分

月例報告書別紙2013年7月分

月例報告書2013年7月分

月例報告書2013年6月分

月例報告書別紙2013年6月分

月例報告書2013年5月分

月例報告書別紙2013年5月分

福島原発行動隊では「原発ウォッチャーチーム」を設け、福島第一原発の状況について毎月東電が発表している文書を分析し、その分析結果を「月例報告」にまとめて本ウェブサイトやSVCF通信で発表してきました。それに加えて、原発ウォッチャーチームは、新聞等で報道された記事を収集してデータベース化するとともに、そのまとめを「月例報告別紙」として作成し、分析の補助資料として利用してきました。福島原発行動隊はこの「月例報告別紙」もまた独自の価値を持つと考え、今後は月例報告とあわせて公表していくこととします。

月例報告書2013年4月分

3月13日(水)午後4時から、新橋の東電本店で、福島原発行動隊の原発ウォッチャーチームを中心とするメンバー5人が福島第一原発の「水」問題について協議しました。

この協議は、昨年9月以降、福島第一原発の視察許可を求めて福島原発行動隊が東電側と話し合いを重ねてきた中で、その副産物として実現に至ったものです。

協議の内容以下の通りです。

2013/03/13 東京電力との技術打ち合わせメモ

月例報告書2013年2月分

去る1月16日、福島原発行動隊のメンバー8人が東京電力第二原子力発電所を視察しました。その視察報告書をアップロードしました。

東京電力福島第二原子力発電所視察報告書のダウンロード

月例報告書2012年11月分

月例報告書2012年10月分

月例報告書2012年9月分

月例報告書2012年8月分

月例報告書2012年7月分

月例報告書2012年6月分

同スライド版

月例報告書2012年5月分

同スライド版

月例報告書2012年4月分

中長期ロードマップについて
2012年4月5日の院内集会において、原発ウォッチャーから報告のあった「中長期ロードマップ」の内容についての説明資料です。

月例報告書2012年3月分

月例報告書2012年2月分

ビデオ前半(1/2):http://www.youtube.com/watch?v=gr4GClJSjKw
ビデオ後半(2/2):http://www.youtube.com/watch?v=gkxj6HZSZGk
中長期ロードマップ資料:http://www.tepco.co.jp/cc/press/11122103-j.html
福島原発行動隊では、定期的に学習会等を開催していますが、以下のビデオをYoutubeにアップロードしました。
●SVCF学習会 福島原発・中長期ロードマップの要点
2012年1月13日に行われた福島原発行動隊(SVCF)の学習会。
福島原発の中長期ロードマップについて、SVCFの技術陣からなる「ウォッチャーチーム」がその要点を解説しています。

月例報告書2012年1月分

月例報告書2011年12月分

月例報告書2011年11月分

月例報告書2011年10月分

【行政・法令等ウォッチャー】

「除染電離則について」 (第13回院内集会、2012/01/29)

「政府の環境汚染対策に行動隊はいかに関与できるか」 (第15回院内集会、2012/03/08)